文字サイズ変更

«

»

8月 06

平成24年7月 愛媛県鍼灸師会学術研修会実施報告

<東洋療法研修試験財団認定生涯研修会>

今回の研修会は、朝日医療専門学校広島校より伊ケ崎克己先生をお招きし、刺絡をテーマとした内容で実施した。参加者は、会員20名、会員外2名、学生7名の計29名であった。前回よりは大変少ない参加者であったが、午後からの実技供覧と実技指導では、少人数で大変指導に配慮が行き届き、密度の濃い研修が行えたと思う。4時間およぶ研修内容は以下の通りであった。

午前講演  鍼灸臨床基礎講座鍼灸臨床における刺絡の概念と臨床応用

    講師 伊ケ崎 克己先生 (朝日医療専門学校広島校)

 

臨床に刺絡を取り入れるための基礎概念について講演して戴いた。

 

・刺絡治療の特徴 ・起源と中国古典での記述について

・刺絡と瀉血の法律的解釈 (過去の裁判事例から学ぶ)

・刺絡の種類 

 

 

午後講演  鍼灸臨床実践講座瘀血にたいする鍼灸治療の実際

    講師 伊ケ崎 克己先生 (朝日医療専門学校広島校)

 

 

臨床各論として瘀血を取り上げその概念を解説戴き、刺絡治療法について、リスク管理から実際の方法、実技供覧、刺絡実践指導を行って戴いた。

 

 

 

 

少ない時間でやや欲張った内容を企画したため、実技の時間が少し不足した事を反省し、今後の研修活動の発展に努めてまいる所存である。

報告者 日浅 早人

 

Permanent link to this article: http://www.harikyu-ehime.or.jp/topics/2697.html